ドイツの古い本とポオ
f0051866_1550948.jpg

ポオは狭いところにもぐるのが好きなので、尾羽がすぐ折れちゃうの。
わたしはポオの水墨画のよぅなグレィと黒の尾羽が大好きだのに。
このところずっと、尾羽根が矢羽根状態だったのだけど
やっと、おNewの尾羽根が生えそろってきたので
お絵描き机の上で、ポオモデルしてもらぃました。

ポオの好きなジョスカン・デ・プレかけて、もたもた撮ってたらおねむポーズになっちゃった...


ポオの右側に写っているのは、1942年生まれのドイツの本。(挿絵 Hanna Nagel)
‘魔術的運命’というタイトルと、死神に、はにかみながら手を差し出す乙女の、メメントモリ&ダンスマカブルちっくな表紙の絵が好きで、なんとなくいつも眺めている本です。



f0051866_15524347.jpg

本を開くと、奇妙な挿絵や耽美的な挿絵が・・・
この、カップルの後ろのおぉきなおつむ、気になるなー。

羽は、わたしが写真を撮っている間に、ポオが羽繕いして抜いた胸の羽


表紙の裏には、‘ELISABETH’と名前の入った蔵書票が貼ってあり、エリザベスさんに贈った青年(...にしてしまふ。だって、そのほぅがロマンチックだし、ドイツ語読めないんだぼん。)のメッセージとサイン、1943...と書かれてあります。

戦争の真最中に、贈られた本なのか・・・
エリザべスさんは、どんな女性だったのかな・・・なんとなく、髪はブルネットな気がするなー・・・
こんなミステリアスな本を贈った青年って、どんな人だったのかな・・・
・・・?・・・?!・・・?

・・・と、いろいろ想像させてくれる、長生きさんな本です。



f0051866_1554923.jpg

この9月で、9才になるポオ。
ポオも長生きしようね...♡*
[PR]
by poeetyayo | 2006-09-20 16:20 | ◆ Diary | Comments(8)
Commented by 縞ジーノ at 2006-09-20 17:18 x
ポオ、きれいな羽だなあ〜。
そーいやテンペラで鳩はまだ描いたことがなかった。
いつか描いてみたいと思いました。
でけいMr.スキンヘッド気になるねー。
生きてる像!?
そーとーすねてますね。
Commented by poeetyayo at 2006-09-20 19:09
ウゴリーノさん♡*
きれいでしょでしょ♡゛(^o^)゛
首の縞々襟飾りの羽なんて、ちっさくってかわいくって全部とってある・・・
え゛ぇ゛ぇ゛ーっ?!! ウゴリーノさんにポオ描いていただけたら、どんなにか素敵だろぅって、ずっと想ってたですょ〜〜〜!!!!!!!
いつでもポオモデルしますので、ぜひとも描いてほしぃです☆*(>o<)゛* * *

Mr.すきんへっどくん、気になりますょねー。
なんか、この青年が創った作品みたぃなんだけど、じぶんが創った作品にすねられるのって・・・逆ピグマリオニズムなのかな...?
・・・むずにぉりまぐぴ・・・?!

Commented by 縞ウゴリ〜ニョ at 2006-09-20 22:11 x
逆ピグマリか!
いいっすね〜、それまた!・・・いやあ、理想だねえ・・・。
Commented by poeetyayo at 2006-09-21 00:44
縞々ウゴリ〜ニョさん♡*
逆ぴぐまり、理想でしゅか?!!
ウゴリーノさんがウゴリ〜ニョさんにLOVE・・・
CarnyちゃんがわたしにLOVE・・・
この本の青年みたく、デートのときに絵たちにすねらりるのはすりりんぐでしゅょ〜。
でも、じぶんが描いた絵がまわりにあると、なんだか絵に守られてるよぅな気がしますょね...♡*
・・・って、わたしだけでしゅか?!
Commented by 縞ニョ at 2006-09-21 17:21 x
あ〜、たまに絵のヒトや猫が動いたり表情変わったりしてる気がする時ありますよ。
でも自分の絵だから恐くも痒くもないっすけどね。
いなくなられてたら困るだろうけど、笑。
Commented by neco_no_koolon at 2006-09-21 20:59
縞じさんの頭が金髪の草原に見えます。(すみません
Commented by poeetyayo at 2006-09-21 22:24
ウゴリーニョさん♡*
あ。そり読んでたらおもぃだしちゃった。
昔、職場で、子供の掛け軸かけとぃたら、翌朝テーブルの上に子供の手のあとがベッタリついていたことがあったのだ。
鳥の掛け軸の翌朝、羽根がいちまぃ落ちていたことも・・・
・・・関係者以外はぃれなぃ警備のきびしぃビルなだのに。ひぇぃ。
あ。そりとね。だぃじにだぃじにしていた月岡芳年の絵を売ったその日に、車にはねられて死んぢゃった人の話しも・・・ぷぷるるる。
絵って、たましぃが宿るのかも。
Commented by poeetyayo at 2006-09-21 22:39
くろさん♡*
え゛っ?! ウゴリーノさんは、金髪の草原へあーなのでしゅか?!
じゃぁ、かけっこしてごろんごろんしたぃでしゅ♡゛(^o^)
くろさん、きのぅあれから大島さん読みました!
金髪の草原も、ダリアの帯も、秋日子かく語りきも、庭はみどり川はブルーも、たそがれは逢魔の時間も、やっぱりいぃなー。じ〜ん。(T.T)゛
ほのかに金木犀の香りが漂ってきて、より切なかったです。
<< キノコと不思議な鳥  2つの人生 >>