<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ドイツの古い本とポオ
f0051866_1550948.jpg

ポオは狭いところにもぐるのが好きなので、尾羽がすぐ折れちゃうの。
わたしはポオの水墨画のよぅなグレィと黒の尾羽が大好きだのに。
このところずっと、尾羽根が矢羽根状態だったのだけど
やっと、おNewの尾羽根が生えそろってきたので
お絵描き机の上で、ポオモデルしてもらぃました。

ポオの好きなジョスカン・デ・プレかけて、もたもた撮ってたらおねむポーズになっちゃった...


ポオの右側に写っているのは、1942年生まれのドイツの本。(挿絵 Hanna Nagel)
‘魔術的運命’というタイトルと、死神に、はにかみながら手を差し出す乙女の、メメントモリ&ダンスマカブルちっくな表紙の絵が好きで、なんとなくいつも眺めている本です。



f0051866_15524347.jpg

本を開くと、奇妙な挿絵や耽美的な挿絵が・・・
この、カップルの後ろのおぉきなおつむ、気になるなー。

羽は、わたしが写真を撮っている間に、ポオが羽繕いして抜いた胸の羽


表紙の裏には、‘ELISABETH’と名前の入った蔵書票が貼ってあり、エリザベスさんに贈った青年(...にしてしまふ。だって、そのほぅがロマンチックだし、ドイツ語読めないんだぼん。)のメッセージとサイン、1943...と書かれてあります。

戦争の真最中に、贈られた本なのか・・・
エリザべスさんは、どんな女性だったのかな・・・なんとなく、髪はブルネットな気がするなー・・・
こんなミステリアスな本を贈った青年って、どんな人だったのかな・・・
・・・?・・・?!・・・?

・・・と、いろいろ想像させてくれる、長生きさんな本です。



f0051866_1554923.jpg

この9月で、9才になるポオ。
ポオも長生きしようね...♡*
[PR]
by poeetyayo | 2006-09-20 16:20 | ◆ Diary | Comments(8)
 2つの人生
9年前の9月 天使は1羽の鳩になった

9年前の9月 彼女は崖から転落した

一度の人生で 記憶を残したまま生まれ変わった彼女は

あの日以来 双頭の鳩の星に棲んでいる


地球にいる彼女を抱きしめてあげたいと想う

抱きしめようとしても

彼女はするりと腕から逃げてゆくだろう

上を向いたまま 脚から血を流していることも気付かずに駆け登ってゆく彼女に

「ゆっくりまわりを見渡してごらん 幸せはすぐそばにあるのだから」と語りかけても

彼女は笑って走り去ってゆくだろう


9年前の あの9月の日

彼女は地球に別れを告げた

彼女は今も 

遠い星から 虚ろな眼で蒼い星を見つめている
























*
[PR]
by poeetyayo | 2006-09-17 00:00 | ◆ 詩:Poem.Poe.me ?
悪戯ジゼル
f0051866_1832929.jpg

ほんのり秋の香りが漂う、お月さまの綺麗な夜・・・
パタパタと飛ぶコウモリのシルエットや、月に向かって飛んでゆく月明かりに透ける白い蛾をみていたら、急に女の子が描きたくなって、デッド カン ダンスとコレッリ聴きながらお絵かきかき。


オッドアイ(オッズアイ)の眼に、銀髪のスパイラルヘアー
バルーンスリーブに、バッスルスタイルのゴシックコルセットドレス
背中に羽根飾り・・・


・・・あ。こんなふぅに背中に羽飾りのついた衣装のバレエ作品あったな...
シルフィードとジゼルだったっけ...

・・・ジゼル。 
響きが可愛いし、綺麗な物語なので
お名前、ジゼルちゃんにしちゃおぅ♡*

今夜は誰と踊るのかな・・・いたずらジゼル。
[PR]
by poeetyayo | 2006-09-01 18:12 | ◆ Mode お絵描き | Comments(11)