<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
キューピーお花見をする
f0051866_0144677.jpg

「 今年も梅が咲いたね 」
「 咲いたね 」

「 こんなに身近でお花見できるなんて
  つくづくキューピーに生まれてきてよかったよね 」
「 うん。まわり中いい匂いだね 」

↓つづく
[PR]
by poeetyayo | 2007-02-22 00:00 | ◆ Diary
記念の空さん 
f0051866_0135910.jpg

わたしにとって、のりこえたいことが、一歩すすめられた日の記念の空さん。
‘あたりまえ’のことが、‘あたりまえにできる’って、すごいことなんだよね。
わたしはまだ、やっとこさなんだけど・・・

でも きっと世の中に‘あたりまえ’なんてことはひとつもなくて
空さんが蒼いのも、わたしがいて、あなたがいてくれることも
ポオといっしょにいられる奇跡みたいな時間も・・・

昔 わたしの尊敬している方に
「‘有り難う’の語源は‘有るのが難しい’なんだよ 」って
教えてもらったことがあるんだけど
みんな、みんな、ありがたいなー・・・って想う。

そんな きらきらとほんのり幸せな日・・・




♧ きょぅのBGM ♧ The Verve‘Bitter Sweet Symphony’
PVも好き。真似してやったらぶたれそだけど、真直ぐに歩いてゆくリチャード・アシュクロフトさんの姿みてると、なんだか励まされます。)
[PR]
by poeetyayo | 2007-02-17 00:00 | ◆ Diary
バレンタインなので・・・♡*
f0051866_075390.jpg

そこのあなたさま あなたさま

いつもみにきてくださってありがとう!!!

はい チョコレート♡*


・・・ Poe et Yayo & ジョセフィーヌ♡*

[PR]
by poeetyayo | 2007-02-14 00:00 | ◆ Diary
黄昏時の人魚姫
f0051866_2359161.jpg


      148mm×100mm

Fiona Apple の‘Criminal’のPV(監督は、ナイン・インチ・ネイルズのPV等も手がけたマーク・ロマネックさん)を観ていて、エゴン・シーレちっくにクローゼットの中やシンクの上にくしゅ...と座ってたり、バルテュスの絵の少女みたぃにくたー…とソファーにもたれてたり、バスルームの中で髪を濡らしてしゃがみこんでる、華奢なフィオナ・アップルをみてたら、なんとなく女の子の絵が描きたくなってお絵かきかき。

フィオナちゃんみたく、骨っぽぃ丸いおでこで・・・

・・・あり...?      人魚になっちゃった。


人魚・・・‘Modeお絵描き’に入れるの迷ったんだけど、いつだったか、ニーマン・マーカスのクリスマスカタログに、ラバーでできたリアルな人魚ウェア載ってたし(あれはいったぃ、どんな人がどんなシチュエーションで着るのだろぅ)まぁいぃゃ。

ニーマン・マーカスの人魚衣装もそうなんだけど、胸のところにホタテ貝みたぃのは、かっくん。
セルゲイ・パラジャーノフの『ざくろの色』(大好き!!!!!!!)で、女の人の胸に真珠色の巻貝・・・の映像があったのだけど、巻貝ひとつか、なにもつけてないのがいいな・・・
頭には、貝や真珠、珊瑚でできた小さなグロッタみたぃな冠のせて。


・・・人魚・・・
そぃぇば子供の頃、ひとりごっこ遊びする時に空想したのは、いつも捕われの人魚姫だったな・・・
・・・あ。 それと、たかぁーいお城の塔に閉じ込められたお姫さま。
(なんで捕われ系ばかりだったのだろぅ。)

幼稚園にはいって、わたしはみんなが外で遊んでる間、女の子たちにお絵描きたのまれてひとりで描いてたんだけど、だいたい女の子がリクエストするのって、お姫さまかバレリーナか人魚姫だったなー。
先生に「 やよちゃんもお外でみんなと遊ぼうね 」って声をかけられるのだけど
「 はい。」(お返事だけは元気よく)ってゆって、お部屋でお絵描き。
・・・絵を描きながら、なんとなく外を眺めていて・・・
「はないちもんめ」とかって、いつも同じ子が最後に残されるんだよね。
最後に残される子の気持ちって、みんな考えないのかな・・・とか
「 い〜れ〜て〜 ! い〜れ〜て〜 ! 」って、遊ぶのになんでそんな大声でたのまないといけないのだろぅ・・・とか、外の世界は不気味だなー・・・って想ってたな・・・
(そんなこと考えながら部屋にこもってる幼稚園児のほぅが不気味かもですけど...。)
みんなが外から帰ってきて、たのまれた絵を渡して喜んでもらえると嬉しくて。

・・・なんて、昔のこと想いだしながらお絵描きしてたら、お話浮かんだょ。





大きな蒼い海の真ん中に‘人魚の石’はありました

‘人魚の石’・・・

昔、人魚が貝や真珠で飾りつけた

まだ 誰も見たことのない幻の石


朝 陽が昇ると 人魚はその小さな劇場に座り

鳥達から地上の様子を聴くのです


 春の花畑の溢れる色や香り

 月明かりが落とす木立の影

 雨音に歌う土の香り


「 海が暗くなってきましたよ 帰りましょう 」

紅いタツノオトシゴが言いました


小さな人魚は 海の夢の中で

風に揺れる木立の中を泳ぐのでした





・・・子供の頃も、絵を描きながらひとりで話していたって母に言われたことあったっけ...。

むー。 三つ子の魂・・・ぢゃなぃけど、あの頃とたいして変わってないのかも。



「 やよちゃんもお外でみんなと遊ぼうね 」

「 はい。」




♧ きょぅのBGM ♧ フィオナ・アップル‘真実’& シャルロット・ゲンズブール‘5:55’

*
[PR]
by poeetyayo | 2007-02-01 05:55 | ◆ Mode お絵描き