<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
秋の日の秩父華厳の滝
f0051866_15274612.jpg

久し振りに、秩父華厳の滝に行ってきた。
ブログの日記を見たら、この前に行ったのは6月3日なので、半年振りくらいなのかな・・・



f0051866_15284293.jpg

黄金色の光の木



f0051866_15302799.jpg

紅い紅葉の木・・・ ( クリックで紅葉 大きくなるょ☆* )



f0051866_1531426.jpg

紅い紅葉 金色紅葉・・・影紅葉・・・



f0051866_15331970.jpg

琴の音が聴こえてきそうな はんなり紅葉ちゃん。



f0051866_15343023.jpg

沈んでゆく 秋の日の黄金色のお日さま


山の中の夕暮れは 下界より早い・・・



このところ、疲れが溜まっていて目眩がなかなか治らなくて
隣の人と隣の隣の人に連れてきてもらったのだけれど
いろいろ心に迷いもでてきていて
自然の中にゆけば、なにか答えがだせるかもしれないな・・・と
ふらふらした足取りで、写真を撮りながら歩いていて・・・

滝は、地震かこの夏の雨量の影響なのか
崖崩れで前に来たときと大分様子が変わっていたり
秋の金色の光の魔法にかかったように
翡翠やルビーのように煌めく樹々の葉を追うように歩いたり
山の冷たい空気の中に佇んでいる陽だまりにほっとしたり・・・


なにひとつ確実なものや、絶対的なものがない世の中で
それでも尚、絶対的に存在してくれているのは光と空さんなんだな・・・

もちろん、光も空さんも、絶対的なものではないけれど
光と空が無くなるときには、わたし自身も存在しえないわけで
わたしが生かされている限り、そこに必ず在ってくれるのは
光と空さんなんだな・・・


滝に来たのだから・・・と言って
寒い滝のそばにずっといたら
あの日はさらに体調を崩してしまったかもしれないし
初心を貫こうとして、無理にその場にいることや
もっとしっかり防寒仕度をして、そこにいることもよいかもしれないけれど

山の中で、宝石のように煌めく光をドキドキしながら追ったように
素直に、光の方に歩いてゆけばよいのかもしれない・・・

ひだまりに、ほっとしたなら
素直に、自分がひだまりに感じるような場所を
大切にしてゆけばよいのかもしれない


大切なのは

光の中にいても
陽だまりの中にいても
影の中にいても
闇の中にいても
自分が自分で在ることなんだな・・・



・・・と、ふ... と感じた、秋の日の1日でありました。
[PR]
by poeetyayo | 2011-11-29 16:09 | ◆ Diary