<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
初台ザロフ『幻獣展 Exhibition Fantastic Beast 2015』(7/19〜7/28)参加のお知らせ
f0051866_1724476.jpg

初台・ザロフ(Zaroff)『幻獣展 Exhibition Fantastic Beast 2015』(7/19〜7/28)に参加させていただきます
只今 出品に向けて 新作細密水彩画と作品にまつわるジュエリーを制作中です

* 出品作品詳細・画像は準備でき次第 こちらのブログページと
マイFacebookツイッター ( @Poelett )に掲載予定でおります


* 7月15日追記 出品作品画像・詩・詳細を掲載いたしました


f0051866_20514553.jpg


新作『人魚の花占い — 氷砂糖の湖に棲む人魚 “ノーニーン ”—』(絵と詩はこちらに)
旧作『調和の王國 —終りなき始りの國—』(絵と詩はこちらに)


f0051866_20524227.jpg

* クリックで拡大します

新作『人魚の花占い』に併せまして
絵の中の人魚が纏っている “薔薇珊瑚のネックレス”と
天然真珠・珊瑚等を使用した人魚姫のジュエリー4点を出品します

* 画像左:“薔薇珊瑚のネックレス”
   右上:“深海の雫ピアス”
   左上:“人魚のシャンデリアピアス”
   右下:“波雛菊と海の雫イヤリング”
   左下:“薔薇の実珊瑚と波雛菊の指輪”


f0051866_20534691.jpg


* 人魚のジュエリーは、全品ポストカード(詩付き)・オリジナルBOX付きです



— 幻獣展 Exhibition Fantastic Beast 2015 —

西欧中世以来、宮廷では珍奇な動物、畸形者、不思議な品々が世界中から蒐集された。
それが博物学の母体となり、方や動物園や植物園へと発展し、それぞれの学となった。
<想像を絶するものが見たい>という欲望は、今やUMA(未確認動物)の探求となり、
空想動物学と踵を接している。
「人は見た事がないものは想像出来ない」というが、『幻獣』は、見てはならぬものや、
エロスや神話のアイテムとして、永遠に想像の自由を保証し続けるだろう。
何故なら、虚々実々を愛する人間自身が、『幻獣』そのものであるかも知れないのだから。
『幻獣』を愛する7人のアンソリット(奇想)を何卒ご高覧下さい。


大森伸樹
クレ イズ
古賀郁
田中章滋
レオ澤鬼
村田らむ
アンドリュー・ジョーンズ(敬称略)
ポオ エ ヤヨ

2015年7月19日(日)~7月28日(火)
12:00~20:00 (水曜定休・最終日19:00まで)

ギャラリー・珈琲Zaroff(ザロフ)

〒104-0061 東京都渋谷区初台 1-11-9五差路
tel.03-6322-9032
MAP
[PR]
by poeetyayo | 2015-07-13 10:52 | ◆ Diary
 人魚の花占い — 氷砂糖の湖に棲む人魚 “ノーニーン ”—
f0051866_10543855.jpg

 128×93mm


 水面に咲いた 波雛菊
 摘んで人魚は 歌います

 1の日 ストゥイル落っこちた
 いつつ食べて 海羊歯 ( ウミシダ ) に

 2の日 ギリィヤ落っこちた
 いつつ食べて 海牛 ( ウミウシ ) に

 3の日 トゥーブル落っこちた
 いつつ食べて 金巻貝 ( キンマキガイ )

 4の日 スヴォルス落っこちた
 いつつ食べて 海蛇 ( ウミヘビ ) に

 5の日 ポッタス落っこちた
 いつつ食べて 紋花青竜蝦 ( モンハナシャコ )

 6の日 アスカス落っこちた
 いつつ食べて 鬼磯目 ( オニイソメ )

 7の日 フルザス落っこちた
 いつつ食べて 真珠貝 ( シンジュガイ )

 8の日 ガウムル落っこちた
 いつつ食べて 角平虫 ( ツノヒラムシ )

 9の日 クライキル落っこちた
 いつつ食べて 磯巾着 ( イソギンチャク )

 10の日 グルッガ落っこちた
 いつつ食べて 硝子烏賊 ( ガラスイカ )

 11 セーヴル落っこちた
 いつつ食べて 白蝶鮫 ( シロチョウザメ )

 12で クロゥクル落っこちた
 いつつ食べて 海蜘蛛 ( ウミグモ )に

 13の日 ケルタス落っこちた
 ひとつも食べずに 飛びこんだ

 ケルタス脚は お魚に
 人魚とふたり 水の底

 13 蝋燭灯ってる
 13 星さま歌ってる

 13回目の 海月夜 
 人魚とケルタス 空の上



















*
[PR]
by poeetyayo | 2015-07-07 13:13 | ◆ 絵:Poe et Yayo