<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
富士山と大男 — 2015年も有り難う ***
f0051866_1217434.jpg

今年2015年・・・駆けぬけるような1年でした

展示が8回と今迄で最も多い年でありましたが
お陰様で元気に楽しくお仕事できたこと
今年は展覧会のご案内状発送が続き
「... いろいろな事情を抱えてお忙しいのに
ご案内状続きでお気を遣わせてしまったら申し訳ないな ... 」
と想いながらお送りさせていただいたのですが
いろいろなご都合ある中 皆様に展覧会にお越しいただけましたこと
心より感謝申し上げます 本当に有り難うございました ***∞***

・・・と 今年は遠出する機会なく終わりそうだったのですが
年の瀬に  “富士山” (山中湖)に行って参りました!(^-^)***♬*♬***

富士山を初めて近くでみた感想は

「 ・・・大男が昔作った大きな砂山なのかな... 」

“ 大男 ” ・・・

子どもの頃 近くの公園にあった石碑を “ 大男のお墓 ” と思い
その公園を通るときは “ 大男のお墓 ” に花をお供えしていたのでした

「 やよちゃん なにしてるの? 」

「 この公園にはうんとうんとむかし大男がすんでいて
この黒い大きな石は その大男のお墓なの。
だからお墓にお花をおそなえしてるの。」

それからは  “ 大男のお墓 ” に
誰かが・・・たぶん 同じ学校の友達や 近くに住む子ども達が
草花を摘んで作った花輪や小さな花束が いつも供えられるようになって・・・
小さな・・・つたなく可愛らしい花束で飾られた
黒くどっしり冷たく 子ども心に威圧感を感じた大きな “ 大男のお墓 ” は
なんだかだんだん優しそうに 照れながら笑っているように見えたのでした

それから間もなくして
誰かのお母さん(お供えしていた子どもの母親だと思う)が公園にやってきて
「 これは “ 大男のお墓 ” なんかじゃありません。この公園を作った人の “ 記念碑 ” なんです。」
という言葉を放ち 以来 誰もお花をお供えすることはなくなってしまった

照れながら微笑んでくれるようになった “ 大男のお墓 ” は
冷たく威圧感のある真黒な ただの記念碑になってしまった

・・・あれから数十年経ったけれど
わたしは今も “ 大男のお墓 ” に きっと花を供え続けているんだな・・・

今は ひとりで花束を作ってお供えするだけではなく
「 それおもしろいね!大男はぜったいいるよ! 」 と
一緒に大男の歴史・物語推理や 大男が使っていた品々の発掘調査をしながら
「 みたことない花束つくろう!! 」 とノリノリな近所に住む絵と科学が得意な少年
大男の公園に いつもお洒落して可憐な花束をお供えしてゆく可愛らしい少女
大男の推理に役立つ珍しい本を教えてくれる博学な少年
大男のお墓に はっ...!***っと驚くような美しい詩手紙を置いてゆく少女
大男のお墓を素敵な写真記事にして紹介してくれる少年 ... etc ... etc ...
みんながいてくれる・・・***∞***

いつの日か 大男のお墓が花束でいっぱいになったら
人間に忘れられてしまった古の大男も嬉しくなって
公園に顕れるかもしれない
大きな公園で みんなでダンス・・・

・・・そんな景色を視ながら

今年一年もおつきあいくださいました皆々様の幸せを祈りつつ ***

心より感謝を込めて・・・有り難う・・・***♡***

f0051866_12185395.jpg

[PR]
by poeetyayo | 2015-12-28 12:34 | ◆ Diary
 お月さまとダンス
f0051866_12384285.jpg



細密水彩画 Φ98mm
グワッシュ 白蝶貝 雲母 和紙
[PR]
by poeetyayo | 2015-12-24 13:13 | ◆ 絵:Poe et Yayo