タグ:◆ きれいなもの ( 20 ) タグの人気記事
冬薔薇 ( ふゆさうび )
f0051866_1324275.jpg


あたたかな日差しのなか 

やわらかく咲く薔薇も美しいけれど

凍てつく寒さのなか 

色深くけなげに咲く冬薔薇 ( ふゆさうび ) も美しい

花も 人も  ね  *†††*














 
[PR]
by poeetyayo | 2014-01-23 13:33 | ◆ Diary
ポオちゃんの薔薇遊びとしんちゃんのジュリア♡*
f0051866_1736595.jpg

ポオちゃんが、テーブルの上のジュリアで遊びだしたので、パチリ♡*



f0051866_1755525.jpg

・・・ポオちゃま、目が真剣・・・

ポオちゃんがジュリアをくわえている
プリチィな写真が撮りたくてがむばってみたのだけれど
動きが速くて、むつかしぃなー・・・



f0051866_179384.jpg

・・・これは、葉っぱもってるけどポケちゃってるし・・・



f0051866_17102345.jpg

・・・これは、お顔がー・・・



f0051866_17113878.jpg

・・・ジュリアもってるけど
ポオちゃん、フランシス・ベーコンの絵みたぃになっちゃってるし・・・むー。



f0051866_17143210.jpg

5月29日に撮った、しんちゃんのジュリア
少女の頬が赤らんだような色が綺麗・・・♡*



f0051866_17184440.jpg

6月の雨の朝、少しほころんだジュリアちゃん。

・・・固く尖った薔薇の蕾って、小さなお城みたいだなー・・・♡*


わたしの隣の人が大切に育てている、しんちゃんのジュリア
長い梅雨の間に、たくさん小さな蕾のお城を持ってくれて嬉しいな・・・



f0051866_1734596.jpg

昨日雨が降り出す前に、隣の人が切ってきたしんちゃんのジュリア達
綺麗なので、お部屋に連れてきちゃった・・・♡*

ハーフドールのマドモワゼルさんといっしょにパチリ♡*


・・・幸せだなー・・・♡*♡*♡*
[PR]
by poeetyayo | 2011-06-17 17:52 | ◆ Diary
キャビネットの中の想い出たち

f0051866_04275.jpg


新しいカメラになって、薄暗いところでも写真が撮れるようになったので
キャビネットの写真、撮ってみた・・・♡*


いちばん手前の、三つ編みのアンティーク・ビスクドールは
昔、パリのロベール・カピアさんのお店で出逢ったお人形。

名前は ジュリエット。


カピアさんのお店の中の、たくさんのお人形の中で
ひとりだけ周りのお人形さん達になじめない感じがして

 ・・・うんと厳しい家庭で育って
とってもお行儀がよくて、一見良い子なのだけれど
実は悪い子そうな雰囲気に惹かれて
何度か、カピアさんのお店に通って
連れて帰ってきたお人形。


ジュリエットと暮らして、もう長い年月が経つけれど
今では、悪い子ではなくなって
とっても幸せそうにみえるのが不思議・・・



ジュリエットの隣の子は、初めてパリに行った時に
人形劇場 に登場しているジョセフィーヌと一緒に
連れて帰ってきたお人形。

名前は シモーヌ。


シモーヌは、ゼンマイ仕掛けで
左右の脚を前後に動かしながら、靴裏の車輪で歩くお人形。



人形劇場に登場しているセバスチャンは
ジョセフィーヌと出逢った2年後に
パリの同じ人形屋さんのウィンドーで
ジョセフィーヌが立っていた同じ場所に立っていて
直感で 「 ジョセフィーヌの弟だ♡* 」って
連れて帰ってきたお人形さんなの。




f0051866_051916.jpg


このお人形は、メアリーちゃん。

わたしのところにきたとき
ひび割れに、変色した接着剤や汚れ、人毛がこびりついていて
少女フランケンシュタインみたいだったのだけど
ビスクを傷つけないように丁寧に接着剤を削り落としてあげて・・・


時代を経てきたものを、時間を掛けて綺麗にしてあげて
息を吹き返したように幸せそうになってくれるのは
やっぱり嬉しいな・・・♡*


お髪は、クレマチスの種。

去年、ギャラリーカフェ・ストークさんに遊びに行ったときに
お庭に ふわふわまんまるのクレマチスの種がいっぱいあって
「 お人形さんの髪の毛にしたい♡* 」って言ったら
オーナーさんが、いっぱい分けてくださって・・・

そのままだと、ほろほろ...と種が崩れてしまうので
ハードタイプのヘアースプレーで少し固めてあげて、きゅ。きゅ。




f0051866_065683.jpg


ヴィクトリア時代、イギリス製モーニング・ジュエリーのブローチと
ドイツの小さな6つ子ちゃん。


お人形の左側のちっちゃなコルク壜の中は
16年 一緒に暮らしたミュンちゃん ( 猫 ) の
爪と毛と、自慢のおひげ・・・

右側の小さなコルク壜の中は
4年間 一緒に暮らしたカタツムリのぷるぷる・・・


2羽の鳩のブローチは、裏側も硝子の蓋が付いたロケットになっていて
( 当時は、大切な人の遺髪が納められていたのだと想う・・・ )
回転させると、裏側を表側にもできるので
いつか、ポオちゃんの羽根とわたしの髪の毛を使って
コラージュしたものを収めたいなー・・・



f0051866_08103.jpg


↑゛この橋本貫志氏コレクションの羽根細工の指輪
東京都庭園美術館 の「 指輪-ちいさな記念碑の物語 」展で観たのだけれど
こんな感じに、ポオちゃんの羽根を細かく切って
ちっちゃくてリアルなポオちゃんにして
脚は珊瑚を削ったのを使ってみたり・・・
 

・・・うぅぅ〜〜〜んと時間掛かりそぅだなー・・・




f0051866_0125081.jpg


この羽根は、今年5月の銀座での二人展のときに
楽しかった展覧会の記念に
奥野ビル1F の Y's ARTSさんで買った、帽子飾り。

ポンネットに合わせたいな・・・とおもったのだけれど
‘ PARIS 1936・・・ ’ と書かれたラベルも素敵なので
このままそっとキャビネットに・・・

この羽根を見るたびに
楽しかった時間を鮮明に想い出して、幸せな気持ちになるんだ・・・♡*



こうやって書いていて想ったのだけれど
キャビネットの中のもの、ひとつ ひとつ が
今迄の人生 ( 本・物語・記憶 ) の ‘ しおり ’ のようなものになっていて
大切な形あるものを見ることで
大切な時間のページを開くことができるのかもしれないな・・・



以前、わたしの尊敬している方がお話してくださった
「 幸せな想い出がいっぱいある人は、たとえ一人になっても幸せに生きてゆけるんだよ 」
という言葉を想い出した・・・



‘ 形あるもの ’ も、とっても大切だけれど

幸せな想い出たちも、大切にして生きてゆきたいな・・・☆*
[PR]
by poeetyayo | 2010-08-26 01:01 | ◆ Diary
トケイソウの実とベルメール
f0051866_0215254.jpg


「 やよちゃん、この間撮った時計草の花 が実になっているよ!」
と、わたしの隣の人に呼ばれて庭にでてみたら
ほんとに実になっていた。


時計草は、朝咲いて、その日の夜に枯れてしまうけれど
実になるのも、早いのだなー・・・




f0051866_0225466.jpg

こうしてみていると、キリストさま・・・というより
受胎したマリアさまの方が近いかも・・・




f0051866_0233592.jpg

カラーで撮った、時計草の実。




f0051866_025865.jpg

時計草は、ツルも綺麗で大好き。




f0051866_0263699.jpg

こちらは、今日のフウセンカズラちゃん。
・・・プレゼントみたぃにかわいいなー・・・♡*




・・・時計草の実、中はどうなっているのだろぅ・・・
・・・種はどんな形なのだろぅ・・・って
割って見てみたい気持ちもあるのだけれど
なんだかわたしには、ちょっと痛々しいような
少女のふくらんだお腹にみえてしまうのだなー・・・



ハンス・ベルメールの球体関節人形の写真を想い出してしまう・・・






f0051866_0281065.jpg

この写真のお腹とか・・・





f0051866_0285131.jpg

ツルの感じが少女の髪と重なったり・・・




時計草って、形状とか
繊細で神経質な花の線とか
葉のレンガのような葉脈とか
ベルメールっぽい・・・



わたしが時計草の第一発見者だったら
‘ ベルメールの花 ’ って名前つけたかも・・・



ベルメールの実・・・

そっと 見守ることにいたしましょ・・・♡*
[PR]
by poeetyayo | 2010-08-17 00:56 | ◆ Diary
トケイソウとフウセンカズラちゃん。
f0051866_1135275.jpg

わたしの隣の人が育てている時計草
今年はいっぱい咲いてくれて
( 昨年は、塀の工事で根っこが痛んで咲かなかったの )
綺麗なので、庭に出てパチリ。



f0051866_11354338.jpg

・・・綺麗だなー・・・♡*



f0051866_11363625.jpg

モノクロで撮ってみると、ノスタルジックな感じに・・・

時計草は、英名 【 passion flower 】 ‘ キリストの受難の花 ’ という意味なのだそう。

16世紀、イエズス会の宣教師さんたちには
時計草の形状が、キリストの受難の象徴にみえたんだって・・・
( ・・・って、ウィキペディアに載っていた )



f0051866_11392839.jpg

・・・この写真、キリストさまっぽいかも。

花言葉は “ 聖なる愛 ”

ハーブとしての効能は、精神や痛みを静める効果があるんだって。

・・・こんど、ハーブティーにして飲んでみよぅかなー・・・



f0051866_11402247.jpg

こちらは、フウセンカズラちゃん。



f0051866_11411527.jpg

贈り物のリボン結びみたいなツルがかわいいの。
こぅいぅ乗り物に乗って、旅したぃなー・・・



f0051866_11415341.jpg

ふんわり・・・ ぷららん。ぷららん。



f0051866_11423560.jpg

夏雲さんも ふんわり。ふんわり。



・・・なんて、もたもた撮っていたら
( GF1、いろんなモードが選べて楽しいんだもの )
脚、いっぱぃ蚊に刺されてちまっていたょ。

撮っている時は夢中で気がつかなかったのだけど
部屋に戻ってきたら、こぅ、脚が水玉模様ちっくってゆぅの...?

ハンス・ベルメールの球体関節人形写真の
ほわぁ〜っと、ピンクの水玉彩色ちっくな脚ってゆぅのかな・・・

・・・草間弥生さんの水玉までいかなくってよかったけど。(T.T)

・・・去年まではこんなに刺されたことなかったのになー。
今年はとっても暑いから、蚊が多いのかなー。


・・・涼しくなったら、また外撮影してみましょ♡*




♧ きょぅのBGM ♧ SUGARCUBES ‘ BIRTHDAY ’ 
         ( このPV、涼しくって好き♡* 早く涼しくなってほしぃょー。(+.+); )
[PR]
by poeetyayo | 2010-08-14 12:04 | ◆ Diary
ワタスゲとドイツのお人形さん。

f0051866_1551598.jpg


ワタスゲ ( 綿菅 ) をいただいた♡*

初めて見た植物だったので、調べてみたら
別名、スズメノケヤリ ( 雀の毛槍 )ともいうのだそう・・・♡*

一緒に写っている小さなお人形は
1800年代中頃のドイツのビスクドールで
瀬戸物工場の跡地に埋まっていた、6つ子ちゃんの中のひとり。


白猫の耳のうしろのふわふわの毛みたいに柔らかくって
ふわふわの質感を撮ろうとがむばったのだけど
白い綿毛に白い背景・・・透明のガラスだと
ピント合わせがむずかしぃのだなー・・・



f0051866_15523244.jpg


・・・これ、涼しそうかも...♡*



f0051866_15541980.jpg


写真撮っている間に、ふわふわとタンポポの綿毛のように舞うので
種になって飛んでしまわないうちに、パチリ。


ワタスゲって、見た目と感触だけじゃなくって
香りも猫の毛の香りみたいなの・・・

昔、一緒に暮らしていた
ミュンちゃんとポテちゃんがひなたぼっこした後みたいな
柔らかい優しい香り・・・

わたしの思い違いなのかなー・・・と思って
ポオちゃんのところに持っていったら
怖がって逃げたから、ほんとに猫っぽいのだと思う・・・


・・・小さな獣のような
お伽話の中で咲いていそうな、不思議な植物・・・


・・・透明の壜の中にいれて、大切にしよう・・・♡*
[PR]
by poeetyayo | 2010-07-28 16:06 | ◆ Diary
小さくて大きな旅

このところ、バランスを崩していた。

展覧会の準備で、昨年9月から心がザワザワザワザワと落ち着く時間もあまりなかったし
するべきこととしたいこと、目・耳・肌から入ってきた情報が、あまりにも多すぎて
眠ると膨大な夢で目が覚め、朝 窓を開けると
部屋に充満していた言葉の断片達が音をあげながら、空に向かって吹き出してゆく・・・

「 灰色の國での出来事が夢の中で止むなく現れるのは、わたしが感じた情報を
  わたしの身体( 脳 )の中に、フィルターを濾して消化するためであって
  あまりの情報量の多さに消化不良を起こしているから、胃に症状が出てしまっているんだ... 」 と
自分なりに分析できているのだけれど、切換えができない。

言葉の檻に閉じ込められてしまったように息苦しく
自分のものではない時間に引きずり回されて呑み込まれてゆくような感覚・・・


子供の頃、ブランコが嫌いだった。

ひとりでブランコに座り、カニのように横にゆらゆら揺らしたり
両手で鎖につかまって身体を後ろに倒して、空を眺めながら揺れているのは好きだったのだけれど
いつもそんな風にブランコに乗っているわたしに、母は本当のブランコの楽しみを教えたかったのか
後ろにブランコをひっぱり、前に押し出した。
どんどん、揺れは大きくなり、身体が前に押し出される。
「 こわい! 」 と叫びたいのだけれど
「 そーれ! そーれ! 」 と、楽しそうに嬉しそうにわたしの背中を押す母をがっかりさせたくなくて
わたしは叫ぶのを我慢する。
ブランコの揺れは、どんどん大きくなり、鎖がキィキィと悲鳴をあげる。
身体が後ろに引っ張られる時に、なんとか呼吸をした。
身体が前に押し出されるとき・・・
 
 あの身体がバラバラになりそうな、とんでもない恐ろしい所に投げ落とされるような感覚・・・

・・・なんだか、あのブランコの鎖に必死にしがみついているような心の状態だった。





こんな状態のわたしを心配して
わたしの隣の人と、わたしの隣の隣の人が
秩父の滝に行く計画を作ってくれた。

「 家から片道車で2時間くらいだし、秩父華厳の滝は、あまり歩かなくても行ける所だし
  景色も水も綺麗で人もほとんどいないし、やよは好きなだけのんびりしていればいいし。
  環境を変えれば、きっと、頭の切換えができるとおもうよ♪ 」 ・・・って。

・・・綺麗なお水のある静かなところなら、頭治るかもしれない・・・と思って
出掛けることにした。
 

山に着くと、カッコウやウグイスやフクロウ・・・
いろんな鳥達の歌声と、初夏の樹々の香りに包まれた。



f0051866_1510125.jpg

虹色の針水晶のように輝く蜘蛛の巣



f0051866_15144297.jpg

野いちごちゃんに・・・

f0051866_15154476.jpg

蛇いちごちゃん。



歩いてゆくと、だんだん道幅が狭くなってきて ( 50cmくらい )
左側が ‘ 落っこちたら死んじゃうょ ’ な感じの崖になっているので
カメラをバッグにしまって、緊張した面持ちで歩くこと数分・・・




f0051866_15162855.jpg

・・・滝に着いた♡*



f0051866_15183768.jpg

湿った柔らかい空気と、水の香り、優しい光・・・
・・・あれ? 紅い空気水母ちゃんも写真に写っているね・・・♡*



f0051866_15195825.jpg

岩と岩の間の、蜘蛛の橋
岩の間の距離は2メートルくらいもあるのに
この蜘蛛さんは、どうやって橋をつくったのだろぅ・・・

カゲロウくらいに身体の重さがなくなって
この橋を渡ることができたら、どんなにか素敵だろうな・・・



f0051866_15214119.jpg

聖堂のような高い樹々の間から降りてくる木漏れ日・・・

お日さまのステンドグラスの下で、お昼ご飯にすることにした♡゛


わたしの隣の人が作ってくれた美味しいお弁当を有り難くいただいていたら
岩場から蟻さんたちが集まってきたので、卵焼きとおじゃこ、
デザートのお饅頭のあんこを、小さくして差し上げた♡゛



f0051866_15244412.jpg

ひとりで運びたい蟻さん・・・ひとりで運べる蟻さん・・・
ふたりで運びたい蟻さん・・・ふたりで運べる蟻さん・・・
みんなで運びたい蟻さん・・・みんなで運べる蟻さん・・・


・・・蟻さんも、いろいろな性格や事情があるのだなー・・・


いちばん大きな卵焼きは、蟻さんたちが力を合わせて巣穴に入れようとしているのだけれど
蟻さんたちが卵焼きを巣穴に入れている動画です♡゛
もぅ、どのくらい経つのだろぅ・・・
卵焼き部隊もおじゃこ部隊もあんこ部隊も巣穴に渋滞しているので
「 細かくしてあげようか♪ 」 と、わたしの隣の人が細い棒でつんつくしはじめたら
巣穴の中から、ぶわぁぁぁっ...と蟻さんたちが溢れでてきた・・・

どうやら、巣穴の中で、みんな必死に卵焼きを綱引きみたいに引っ張っていたようだった。

「 蟻さんには、蟻さんのやり方があるのだから、見守っていてあげよう♡゛」 と言ったら
隣の人は、滝壺に小石の水切り遊びに行ってしまったので、ひとりで見守ることにした。



ゴオォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ・・・ という滝の音が響いている・・・



この音・・・ 滝の音って、時間感覚がなくなるな・・・ 
子供の頃聴いた、レコードが終わった後の、プツン... プツン... っていう針の音や
カセットテープの音が終わった後の、ノイズの音にどこか似ていて
催眠効果もあるような・・・


蟻の巣穴の近くに、わたしの片手がやっと入るくらいの小さな洞窟をみつけた。

中を覗くと、洞窟が二股に分かれていて、手をそっと入れてみると
見事に岩肌に擬態した昆虫が出てきて、金泥のような鱗が光った


わたしは目を閉じた。


満月の夜 巣穴から雲母のように輝く毛皮を持った双頭の獣が
滝壺の水面の光の中に すぅぅぅ...っと溶けるように消えてゆく光景が見えた




蟻の巣に戻ると、卵部隊のあと、おじゃこ部隊が入り
あんこ部隊も無事に入ってゆき( きちんとじゅんばんこに !!! )
門番の7匹の蟻が、その後もしっかりと巣穴を守っていた。

『 最後の晩餐 』 のように、女王蟻を中心にして、正装した蟻達が大きなテーブルを囲み
楽しそうに、卵焼きとおじゃことあんこを食べているところを想像した。

わたしの身体の一部になる、卵焼きとおじゃことあんこが
蟻さんたちの身体の一部になるのだと想うと、とっても嬉しかった。

門番の蟻さんたちに
「 こんど来るときは、大好きなラデュレのペタル・ド・ローズマカロン持ってくるね♡* 」
と、約束した♡*


さっき見た、金泥の鱗の昆虫の写真を撮っておきたくて
水切り遊びをしている隣の人に、カメラのありかをきいたら
隣の隣の人が 「 ヤヨはアリンコからとぉ〜〜〜ぶん動かないだろうから
もういっこ上の滝見てくる 」 って、カメラ持っていっちゃったのだそうだ。

・・・リポビタンDな人は、筋肉動かしていないといられないのだなー。



f0051866_15281731.jpg

↑゛これ。隣の隣の人が滝の上から撮った、わたしとわたしの隣の人。
  ・・・ちさぃなー。


隣の隣の人も戻ってきたし、日も傾いていたし、
帰りに近くのお寺に寄っていこうということになって
滝に 「 さようなら 」 を言った。


あの蜘蛛の橋も、時の魔法が解けたように、消えてなくなっていた。




f0051866_15292543.jpg

お寺に行く途中で出逢った、母と子のような樹



f0051866_1530125.jpg

静かに咲いていたシャガの花
顔彩の滲みのような 白群色と朱色



f0051866_1531101.jpg

↑゛こ、これ。 わたしの隣の隣の人がたまたま〜の奇跡的に撮った
  ふぉとじぇにっくな写真。 ぷぷる。
  記念に載せときましょ♡*



お寺の帰り道で通った廃校の近くに、なんとなく気になった鳥居があったので
神社に寄ってみることに・・・



f0051866_15321629.jpg

神社の階段を上る途中 「 ほら、へびのおっかさん 」 と、わたしの隣の人が教えてくれたお花。

「 ...ヘビ? ...こんなにお洒落でモダンな縞々なのに、なんで蛇のお母さんなの? 」
「 軽井沢 ( わたしの隣の人の故郷 ) では、薄暗い別荘庭によく生えていて、
  へびのおっかさんみつけると、怖くて走って逃げたの 」 ・・・だそぅ。

♧ 調べてみたら、マムシグサ( 蝮草 )という毒草で
  大きく成長できなかった女の子 ( 雌株 ) は、
  男の子 ( 雄株 ) に変身してしまうのだそぅ。...すごぃ♡゛ 詳しくはこちら♡*



f0051866_15332085.jpg

夢の中に横たわっていそうな 誰もいない神社



f0051866_1534373.jpg

神社でお祈りするわたしの隣の人の帽子に、トンボちゃんが止まったので
「 綺麗だから、写真撮らせて 」 と頼んだら
草の上で、ゆっくりポーズをとってくれた...♡*



f0051866_15345671.jpg

ありがとう、トンボちゃん♡*



わたしは、やっと ‘ わたしの時間 ’ を取り戻せたような気がした。



秩父のお山のみなさん、わたしの隣の人と隣の隣の人
有り難う・・・♡*
[PR]
by poeetyayo | 2010-06-04 16:26 | ◆ Diary
冬薔薇のジュリア

f0051866_17531834.jpg


寒い冬の朝 ひっそりと咲いていた しんちゃんのジュリア

冬薔薇 ‘ ふゆそうび ’ ・・・

寒さに耐えられるように 花弁を厚くして

棘も鋭くなって

オスカー・ワイルドのナイチンゲールの血で染まったように

花弁がほんのりと紅く染まっていた

けなげな 愛しい 冬薔薇のジュリア
[PR]
by poeetyayo | 2010-01-25 17:58 | ◆ Diary
小さな花束と卵が産みたいポオちゃま。( 動画付き )
f0051866_10365721.jpg

わたしの隣の人が 「 ケーキつくってくれたから、やよちゃんに♪ 」って
プレゼントしてくれた 小さな花束。
・・・ちえりすさんの小さな花束、ひさしぶりだなー♪* うれしぃなー♪*

かわいぃので、廃墟のかたちむりくんといっしょに、パチリ。



f0051866_1038509.jpg

どこからみても、綺麗にみえるようにつくってくれたんだ♡*



f0051866_10415629.jpg

ポオちゃまといっしょに撮ろうと思ったんだけど
ポオモデル、きょぅは狭いところに潜ろうとして
なかなかポーズがきまらなぃ・・・

・・・なんて、もたもた撮ってたら
ポオちゃま、「 ズッズー・・・ズッ...ズズー・・・ 」って
シンコペーションで歌いだした・・・

この歌い方は、ポオちゃまが卵を産む時期に歌うお歌なのだ♡*
デジカメで撮ったので、パソコンの音量大きくしないと聞こえないかもだけど
ポオちゃまの動画です♡゛→ ‘ 卵が産みたいとおもうょソング ’


・・・ポオちゃま、この動画を撮った3日後に、ぷょぷょの卵を産みますた。(^.^;)...はゃぃ。


今月で、ポオと暮らして、13年目になるんだね・・・
今年の9月で、12才になったポオちゃん。

うぅぅーーー ∞ んと、長生きしようね...☆*
[PR]
by poeetyayo | 2009-11-17 10:51 | ◆ Diary
秋の日のポオちゃま。( 動画付き )
f0051866_065228.jpg

わたしの隣の人が、お墓参りの帰りに採ってきた素敵な小枝。( なんてゆぅ名前なのだろぅ... )
綺麗なので、ポオちゃまといっしょにパチリ。




f0051866_07462.jpg

ポオは◯ぃものが大好きなので、実が気に入ったみたい・・・




f0051866_083545.jpg

ポオちゃまが遊びだしたので、デジカメを動画モードにちぇんじ♡゛

Poe Movie !!!♧ Poe Movie ⑩ にUPしました♪゛

( ついでに、以前の記事でみれなくなっていたポオちゃん動画も
  Poe Movie !!! ⑦ 〜 ⑨ にUPしました♪*(^o^) )


ポオのうしろに写っている硝子のくらげちゃんは
H.P.DECO の ‘ Bazar et Garde-Manger ’ で買ったクラゲのオブジェ。

昔、パリに ‘ アブサント ’ という素敵なブティックがあって
内装、インテリア、セレクト、ベルエポックな雰囲気のオーナーさん・・・と
お気に入りのブティックだったのだけれど
そこのオーナーさんだったマルト・デムランさんがセレクトしたものが置いてある
‘ Bazar et Garde-Manger ’ 。

日本で、マルトさんの世界に逢えるようになって、うれしいのだ♡*



f0051866_092345.jpg

・・・なんて、おしゃべりしてたら
玉乗りポオちゃまになってた・・・


ポオちゃん、今日は小枝と遊んで
きっと、よい夢が観られるね・・・☆*




*☆ きょぅのBGM ☆* ラモー ‘ 夜 ’( La Nuit

・・・詩も美しいので、載せちゃぃましょ☆*


おお夜よ

この大地を満たしておくれ

魔法のような静けさで

あなたの神秘的な静けさで

静寂な宵闇は甘い香りに満ちる

心地良い合唱に導かれ

あなたの声は希望を歌う

その力はあまりにも大きい

すべての姿を変えてしまうほどに

そして夢にへと誘う

[PR]
by poeetyayo | 2009-10-19 00:30 | ◆ Diary