壜の中の黒い鳥たち
朝日が浸食してゆく

からっぽの蒼いインク壜に

水がそそがれるように

小鳥たちの祝福を受けながら

狂宴は終わる

黒い鳥たちは

翼を鞄にしまいこむと

空虚な壜のなかにとけていった

よくみてごらん

この小さな泡のひとつひとつ

無数の硝子のお城

ほら よくみてごらん

硝子のお城のなかの

羽を毟られた鳥たちを

















*
[PR]
by poeetyayo | 2006-04-15 14:37 | ◆ 詩:Poem.Poe.me ?
<<  白昼夢  夢の仕事 >>