猫の絵描き
おばあさんが1匹の老猫と暮らしておりました

猫は絵を売って1ヵ月分の食事代をかせぎます

彼女は元々人間だったと言う

「 なぜ猫になったの? 」と聞くと

人間として生きて死んだあと彼女は小鳥になり

蜘蛛の糸を辿って小さな蜘蛛を食べていったら

いつのまにか大きな蜘蛛の巣に捕まって

大きな蜘蛛に食べられてしまった 

と言うのだ

それで私は猫に生まれることにしたの

と彼女は語った

彼女の絵は 

昔自殺したイラストレーターの絵に

とてもよく似ていた

















*
[PR]
# by poeetyayo | 2006-04-15 14:33 | ◆ 詩:Poem.Poe.me ?